CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 映画「蘇れ生命の力」を見てきました〜 | main | そろそろ湯たんぽの季節 >>
フェニックス・ライジング・ヨガセラピー体験記
0

    JUGEMテーマ:ヨガ

    JUGEMテーマ:日記・一般

    先週末、京都までフェニックス・ライジング・ヨガセラピー(PRYT)を受けに行って来ました。

    https://prytyogatherapy.com/

     

    わざわざ淡路島から京都まで。

     

    それなりに遠い・・・

     

    でも、私の中で最近モヤモヤしてることがあったから。

     

    ○○したい、と思っててもアレコレ考えて「でもさ〜、だってさ〜」と言ってる私がいたから。

     

    「本当は私、どうしたいの?」を確認するために。

     

    行って来ました。

     

    セッションをしてくれたのは鈴木千絵さん

    http://suzukichie.com/

     

    私がクリパルヨガの教師トレーニングの時からお世話になってる大先輩です。

     

    京都の伏見って初めて行ったよ。

     

    ちえさんのお宅にはなんとニャンコが2匹もいて。

     

    始まる前からニャンコが気になって気になって。笑

     

    大きなオスのニャンコは人見知りみたいで、私がすこ〜し近づくとニラミきかしてくるの。

     

    わかったよ〜、これ以上は近づかないニャン。笑

     

    ニャンコ話はさておき。

     

    昨日のセッションのハイライトは「コントロールしようとしてる私」。

     

    昨日は開脚・前屈をホールドしてたのね。

     

    少しリストラティブ的にボルスターにもたれながら。

     

    前半、ちょこちょこ色々出てきながらもホールドして。

     

    後半、なんだか呼吸が少し早くなって来てたの。

     

    そして、それをさっきまでのゆっくりした深い呼吸に戻そうとしてた。

     

    意識して、呼吸をゆっくり深くしようとしてて。

     

    でも、それにハッと気付いて。

     

    そしたら「あれ?この状況で呼吸をコントロールしようとしてるの、なんか変」と思って。

     

    次の瞬間からコントロールを手放して、私の体がしたい呼吸をしたら、すご〜く安らかな時間が流れた。

     

    後で振り返って、こういうことって日常でもアルアルだな〜と思って。

     

    変化していってるのに、それを元に戻そうとすること。

     

    元に戻すことにエネルギーを結構使っちゃうこと。

     

    色々考えて不安が出てくると、同時にそれをコントロールしようとする私も存在すること。

     

    不安とコントロールは私の中でセットになってる。

     

    だから、不安が出てくると、コントロールも同時に始まってる。

     

    確かに・・・。

     

    思い当たるなぁ。

     

    どうしたらいいんかなぁ。

     

    ・・・まずはそこに気付くことかな。

     

    そしたら、そこから一度離れられるかも。

     

    人からコントロールされることが大嫌いなのに、私が私をコントロールしようとしてる。

     

    したいようにすればいい。

     

    何か起きたら、その時考えたらいい。

     

    今回みたいなことを感じたの、今日が初めてではない。

     

    色々巡って、また自分の癖が出てくる。

     

    同じことが出てきても、感じ方や自分の中に入っていく感じがその都度違う。

     

    したいようにすればいい。

     

    今日の私が受け取った内からのメッセージ。

     

     

     

     

    | セクシャリティ・ヨガ | 11:06 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 11:06 | - | - |
      コメント
      コメントする